ベルタプエラリア 授乳中 授乳後

MENU

ベルタプエラリアの新常識!授乳中や授乳後は飲んでOK?

授乳
高い効果で人気のあるバストアップサプリ、ベルタプエラリア。最近授乳中や授乳後に飲んでも大丈夫らしいという噂があります。
本当にベルタプエラリアを授乳中や授乳後に飲んでもいいのでしょうか?
徹底的に調べてみました!

 

授乳中に利用することはできる?

まず授乳中にベルタプエラリアを飲むことですが、おすすめすることはできません。
よく妊娠中は元々女性ホルモンが多い状態にベルタプエラリアを飲むと、ホルモンバランスが崩れて最悪流産する可能性があるといわれています。

 

産後はもう出産しているし大丈夫じゃない?と思うかもしれませんが、授乳中は産後すぐに減ってしまった女性ホルモンが原因でホルモンバランスが崩れやすく、身体や心の浮き沈みが激しい時期です。
この時期に女性ホルモンの働きが活性化するベルタプエラリアは少し危険ですし、母乳への影響が心配です。
ママが食べたものや飲んだものは母乳として赤ちゃんにもろに影響がいくので、お薬なども飲めない時期になります。

 

そもそも授乳中は離乳期になるまで、赤ちゃんのために母乳が胸にいっぱい溜まるようになります。
赤ちゃんが飲むとしぼんで、また次に赤ちゃんが飲むころにパンパンになるようになっています。
そのため、授乳中はバストアップサプリを飲む必要性は無いと思います。

 

授乳後に利用することはできる?

授乳中はパンパンになったり、萎んだりの繰り返しです。その繰り返しがバストの形を悪くする大きな原因になります。
そのため、卒乳したあとに待っているのは垂れてハリのなくなった悲しいバスト。

 

だから授乳した後であれば、少し時間が空いているし、飲んでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、授乳後にベルタプエラリアを飲むことはおすすめできません。

 

母乳というのは常時作られています。飲んだ後はすぐは作らないということはなく、次の授乳タイムまで、パンパンになるまで作られていきます。
そのため、ベルタプエラリアも母乳にしっかり影響していきます。

 

ベルタプエラリアの成分が赤ちゃんに影響したという報告や実証はされていませんが、されていないからこそ飲まないほうが良いといえると思います。

 

授乳中や授乳後のバストケアは専門のブラジャーをしたり、授乳後にバストアップマッサージなどをすることをお勧めします。

 

産後に利用することは可能か

産後
産後の利用もおすすめはできません。産後は女性ホルモンが一気に減ってホルモンバランスが崩れやすい時期です。
情緒不安定になったり、体調を崩しやすくなったりするのもそのためです。
そこにベルタプエラリアを飲んだりすると、ホルモンバランスの崩れは避けられないです。

 

産後もし使用する場合は母乳ではなく粉ミルクをあげていて、なおかつ生理が再開された後のほうがいいでしょう。
もちろん飲む場合は一度かかりつけのお医者さんに相談するようにしてくださいね。

 

母乳に出る悪影響は

出産後の母乳育児中は女性ホルモンが乱れています。その時にベルタプエラリアを飲むと女性ホルモンを無理に活発に働かせることになるので、女性ホルモンがさらに乱れてしまいます。
また、ママが摂取した成分が母乳として赤ちゃんの体内に運ばれていくので、何らかの健康障害が起こる可能性が出てきます。
もし赤ちゃんが男の子の場合、女性ホルモンの働きを活性化させるプエラリアの栄養を母乳から摂ることで生殖器官に悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますし、女の子であっても、ホルモンバランスの乱れで成長を阻害してしまう可能性が否めません。
ただ、ベルタプエラリアのHPには授乳中に飲む場合は、かかりつけのお医者さんに相談するようにしてください、とあり、もし悪影響があった場合は責任は取れませんというスタンスです。

 

まとめ

まとめ
産後や授乳中のベルタプエラリアの服用はホルモンバランスへの影響や母乳として摂った赤ちゃんへの影響を考えると服用はおすすめすることができません。
ただ、授乳によって、バストは垂れてハリがなくなってしまうので、離乳後であれば、バストケアとしてベルタプエラリアを服用することをお勧めします。
産後や授乳中のバストケアはバストをバストを締め付けず、なおかつホールドしてくれるようなブラジャーを使ったり、授乳後にバストアップマッサージをするようにしましょう。