ベルタプエラリア 授乳中 授乳後

MENU

ベルタプエラリアの新常識!授乳中や授乳後は飲んでOK?

産後

 

バストアップサプリを産後や授乳中、授乳後に飲んでも大丈夫らしい、という噂があります。

 

本当にバストアップサプリを産後に飲んでも良いのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、産後にバストアップサプリは飲まないほうが良いです。

 

産後、授乳中はバストアップサプリは避けて、マッサージやナイトブラなどでバストケアをするほうがベターです。
そして、バストアップサプリは授乳後に飲んだほうがベストです。

 

その理由を詳しく説明していきます。

 

 

産後にバストアップサプリは使っても良いのか?

 

出産後

 

バストアップサプリは産後の利用はおすすめはできません。
なぜなら、産後は女性ホルモンが一気に減ってホルモンバランスが崩れやすい時期だからです。

 

産後うつになったり、情緒不安定になったり、体調を崩しやすくなったりするのも、女性ホルモンの減少が原因です。
そこにバストアップサプリを飲んだりすると、ホルモンバランスは余計に乱れてしまいます。

 

そのため、各社バストアップサプリのホームページでは、産後の利用を推奨していません。

 

もし、産後にどうしても使用したい場合は、母乳ではなく粉ミルクにしたほうが良いでしょう。

 

さらに、生理が再開された後にするべきです。
産後から次の生理が来るまでの間も、ホルモンバランスが不安定な状態です。

 

そのため、バストアップサプリの産後の使用はなるべく避けたほうが良いです。

 

授乳中にバストアップサプリは使っても良いのか?

 

授乳中

 

産後にバストアップサプリは飲まないほうが良いのですが、授乳中もバストアップサプリは避けたほうが良いです。

 

そもそも授乳中は、赤ちゃんのために母乳が胸にいっぱい溜まるようになり、バストにハリが出ておっぱいがめっちゃ大きくなります。
赤ちゃんが母乳を飲むとおっぱいはしぼみますが、次の授乳のために母乳が活発に作られるからです。

 

なので、授乳中はバストアップサプリを飲む必要性が無いのです。

 

だって、バストアップサプリを飲むのって、バストを大きく、形を綺麗に見せたいからですよね。
授乳中は母乳のおかげで、バストは膨らみ、形も綺麗な状態なのでバストアップサプリを飲む必要がないのです。

 

また、授乳中は産後で減ってしまった女性ホルモンが原因でホルモンバランスが崩れやすい状態が続いています。
出産経験のある方なら分かると思いますが、産後や授乳中って身体や心の浮き沈みが激しい時期です。

 

この時期に女性ホルモンの働きが活発化するバストアップサプリを飲むのは少し危険です。
なぜなら、人の体は正常な状態に戻るための自浄作用があり、産後で減った女性ホルモンは自分の体でせっせと作り出しているからです。

 

体内で女性ホルモンの生成をしているのに、バストアップサプリがホルモン生成を助けてしまうと、体内で女性ホルモンを作り出す能力が低下してしまう恐れがあるからです。
そのため、授乳中もバストアップサプリの服用は避けたほうが良いです。

 

赤ちゃんへの影響を考えれば、授乳中にバストアップサプリはできるだけ飲まないほうが良いです。

 

授乳後にバストアップサプリを使っても良いのか?

 

授乳後

 

授乳した後であれば、少し時間が空いているし、飲んでもいいんじゃない?と思うかもしれませんが、授乳後にバストアップサプリを飲むこともオススメできません。

 

授乳中のおっぱいはパンパンになったり、萎んだりの繰り返しです。
その繰り返しがバストの形を悪くする大きな原因になります。

 

そのため、卒乳した後に待っているのは、垂れてハリのなくなった悲しいバスト。
なので、授乳後はバストアップサプリでバストケアしたい!バストアップしたい!と考える人が多いのですが、授乳後すぐは飲まないほうが良いです。

 

その理由もホルモンバランスにあります。
授乳後すぐは、まだまだ女性ホルモンの分泌が活発な時期で、母乳がドンドン作られてしまいます。

 

母乳は作られますが、授乳しないのでおっぱいは張っていき、痛くなってくるので搾乳したりします。
搾乳して1〜2ヶ月もすれば母乳の生成は自然と止まります。

 

この母乳の生成が止まって、次の生理が来てからバストアップサプリを飲んだほうがベストなのです。
なぜなら、この時期にホルモンバランスが正常に戻るからです。

 

なので、出産後、授乳中、授乳後すぐはバストアップサプリを飲まないほうが良いです。

 

出産後、授乳中、授乳後のバストケアは、次のような方法がオススメです。

 

産後、授乳中に出来るバストケアとは?

 

産後のバストケア

 

出産後、授乳中にできるバストケアはバストマッサージ、ナイトブラ、大胸筋トレーニングなどが有効です。

 

バストアップマッサージ

出産後、授乳中はホルモンバランスを乱さないようなバストケアがオススメです。

 

バストアップマッサージもその一つ。

 

方法は以下の通りです。

 

  1. らせん状にさする
  2. 胸の上にある大胸筋のあたりに手を当てて、内側から腋窩リンパ節(えきかりんぱせつ:脇の下のリンパ節)へ向かってクルクルと4本指でさすります。
    右手で左側のバストを、左手で右側のバストをさすりましょう。

     

  3. さすり上げる
  4. バストの下から腋窩リンパ節に向かって両手の4本指で交互に引き上げるように動かします。

     

  5. バストをたたく
  6. 手のひらを軽く丸め、指先でバストを下から上に全体的にたたいていきます。

 

1〜3の手順を10分ほど繰り返せばOKです。
バストのリンパの流れが良くなり、乳腺の新陳代謝を活性化してバストアップ効果をもたらしてくれます。

 

以下のページでもっと詳しいバストアップマッサージについて説明しています。

 

>>>簡単にバストアップできる!?マッサージの方法と5つの効果って?

 

ナイトブラ

出産後、授乳中は、脇や背中、お腹の脂肪を胸へ定着させる、ナイトブラをつけて寝るのがオススメです。
ナイトブラもホルモンバランスを乱すようなことはありません。

 

綺麗な胸を維持したりバストアップするためには、ナイトブラをつけて寝るのがベストです。

 

また、最近では育乳ブラというのも発売されています。
その名の通り、おっぱいを育てるためのもので、バストアップ効果があります。

 

ただ、補正下着になるので、授乳中付けてきついようであれば無理してつけるのはオススメできません。

 

ナイトブラや育乳ブラのもっと詳しい情報は、こちらのページでも紹介しています。

 

>>>ナイトブラや育乳ブラで脂肪を胸に蓄える

 

大胸筋トレーニング

大胸筋を鍛える筋トレも、ホルモンバランスに影響を与えることなくバストアップできます。

 

方法は以下の通りです。

 

  • 合掌のポーズ
  • 姿勢を良くして、胸の前で手を合わせます。
    この時、肘は下げずに肩のラインまで曲げます。
    ゆっくりと息を吐きながら手のひらを15秒ほど押し合います。
    これを1日3セット、毎日行います。

     

     

     

  • 腕立て伏せ
  • 筋トレとして定番の腕立て伏せも、大胸筋を鍛えるのに有効です。
    普通に腕立て伏せをするだけなのですが、出来ない人は肘を床につけたり、立って壁に手をついて行うのも有効です。
    1日10回から15回程度、可能なら3セット程行いましょう。

 

もっと詳しい大胸筋トレーニングについては、こちらのページが参考になります。

 

>>>自宅で簡単にできる@大胸筋を鍛えてバストアップする方法

 

授乳後にできるバストケア

 

授乳後のバストケア

 

授乳後のバストケアでオススなのが、バストアップジェル(バストアップクリーム)を使うことです。
産後、授乳中はバストアップジェルを使うと、間違って赤ちゃんが舐めてしまうことがありますので、あまりオススメできません。

 

でも卒乳後から母乳が作られなくなるまでの期間であれば、バストアップジェルを使うことがオススメです。
その理由は、ホルモンバランスを乱すことなく、バストアップ成分をバストに塗り込むことができるからです。

 

バストアップジェル(バストアップクリーム)には、バストや肌に艶とハリを出すプラセンタ、コエンザイム、コラーゲンなどが含まれています。
特に、ボルフィリンが含まれているジェルはオススメです。

 

ボルフィリンには塗り込まれた箇所の脂肪細胞を増殖させる効果があります。
そのため、バストに塗り込むことでバストアップ効果が見込めます。

 

また、バストアップジェルには副作用もありません。
なので、授乳後すぐに使い始めることで、綺麗なバストに戻せますし、バストアップ効果も期待できます。

 

そして、卒乳後1〜2ヶ月して、母乳の生成も止まれば、バストアップサプリを飲むことをオススメします。
実は、妊娠中、出産後、授乳中、授乳後すぐ以外であれば、バストアップサプリを飲み続けることをオススメしています。

 

その理由は、バストアップ効果があるからです。

 

バストアップサプリはプエラリアミリフィカという、女性ホルモンの分泌を活発にする成分が含まれているものがオススメです。
プエラリアミリフィカをなるべく多く含んだサプリメントであれば、バストアップ効果が非常に高くなります。

 

プエラリアは1日最大400mgまで摂取可能です。
それ以上摂取すると、過剰摂取になってしまい、頭痛や腹痛、吐き気、むくみ、不正出血、生理不順などを引き起こします。

 

この、最大400mgの摂取量ギリギリまでプエラリアを配合したバストアップサプリが「ベルタプエラリア」というものです。
1粒にプエラリアミリフィカを133mg配合していて、1日3粒まで飲めるので、1日399mgまで摂取することができるのです。

 

また、今、ベルタプエラリアを買うと、「ベルタアップジェル」という、バストアップジェルが無料でもらえちゃうので、授乳後のバストケアにはモッテコイなんです。

 

実際に私がベルタプエラリアを使った様子をこちらのページで詳しく紹介しています。
参考にしてみてください。

 

>>>ベルタプエラリアを飲んでみたその経過は?@私の体験談

 

まとめ

 

まとめ

 

出産後、授乳中、授乳後のバストアップサプリの服用は、ホルモンバランスへの影響や母乳の赤ちゃんへの影響を考えると、服用はオススメできません。

 

ただ、授乳によって、バストは垂れてハリがなくなってしまうので、バストケアは必須です。

 

産後、授乳中はバストマッサージ、ナイトブラ、大胸筋トレーニングなどでバストケアをしましょう。

 

卒乳後すぐから生理が来るまでの間は、バストアップジェル(バストアップクリーム)がオススメです。

 

卒乳して母乳の生成が終わり生理が来れば、ホルモンバランスが整うので、バストアップサプリを飲むようにしましょう。

 

バストアップジェル、バストアップサプリは「ベルタプエラリア」と「ベルタアップジェル」がオススメです。

 

実際に私がBカップからCカップにバストアップできましたし、ママさんたちからの口コミでも、垂れたおっぱいを元通りに戻してくれた!って意見が多かったです。

 

ベルタプエラリアの公式サイトはコチラ