ベルタプエラリア 飲み合わせ

MENU

危険?効率的?こんな飲み合わせがあったのか?

nomiawase
バストアップサプリのベルタプエラリア。最近豆乳と併用したり、牛乳も飲むといいらしいという噂を良く聞きます。
ちなみに私は好きで毎日飲んでいた豆乳を止めることができずにベルタプエラリアも飲んで、豆乳も飲んでいました…。
そこで今回はベルタプエラリアと飲み合わせについて紹介します。

 

豆乳とベルタプエラリアで相乗効果?

強いエストロゲン効果があると評判のあるプエラリアが配合されているベルタプエラリア。
そして同じくエストロゲン効果のある豆乳。

 

この2つを併用してさらに高いバストアップ効果を得たいという人もいるのでは?

 

私は豆乳が大好きでベルタプエラリアの目安を減らしてでも豆乳は飲みたかったので併用しちゃってました…(汗)
それでも1日コップ1杯に抑えてましたが…

 

でも実は正直高いバストアップ効果を得るために豆乳とベルタプエラリアを併用するのはおすすめできません。

 

ベルタプエラリアを目安いっぱい飲んでさらに豆乳も飲むとなると、エストロゲンの過剰摂取が気になります。

 

エストロゲンを過剰摂取することで、ホルモンバランスの乱れによる吐き気や頭痛、めまいなどにつながります。
なんでも摂りすぎると身体に毒になります。

 

そのためもし高い効果を得るために併用しようと思うなら、そこは豆乳は飲まずにベルタプエラリアだけでがんばってみてください。
私みたいに毎日豆乳飲まないと禁断症状が出るというような方はベルタプエラリアを飲む量を抑えて、1日1杯などと決めて飲むようにしてみてください。

 

牛乳とベルタプエラリアで効果倍増?

ベルタプエラリアを飲んでいたモデルのてんちむさんが、「煮干しと梅干しと牛乳を飲んでバストアップした」と言っています。
そのため、牛乳とベルタプエラリアで効果が倍増するのではと考えられているようです。

 

では牛乳とベルタプエラリアで効果が倍増するということはあるのでしょうか?

 

牛乳などの乳製品には良質なたんぱく質を多く含んでいます。
たんぱく質もバストアップにはなくてはならない成分ですから、牛乳を飲むということは有効と言えるでしょう。
ただ、おススメなのは牛乳よりはヨーグルトです。
ヨーグルトはたんぱく質の他に乳酸菌を含んでいて、腸内環境を整えてくれます。
腸内環境を整えることは健康にも美容にも大切ですから、ヨーグルトを摂ったほうがいいといえるでしょう。

 

ちなみに、よく「スーパーで販売されている牛乳の多くが、乳の出を良くするために乳牛に女性ホルモンが投与されており、この女性ホルモンを牛乳から間接的に摂取することで、バストアップできる」と言われており、「安価な牛乳であれなあるほどたくさんの女性ホルモンが体内に投与された乳牛から絞られた牛乳である場合が多い」と言われています。
しかし、実は乳牛に投与されている女性ホルモンには発がん性があるといわれており、それを人が間接的に摂取することで、子宮頚がんや乳がんのリスクが上がると考えられています。

 

そのため、牛乳は極端に安いものではなく、ある程度値段がするもの(スーパーだと200円前後)のものを選んであげるといいでしょう。

 

その他のバストアップサプリと併用?

hikaku
よく口コミで見るのが、ベルタプエラリアと他のバストアップサプリは併用できるの?というものです。
よく飲み合わせをするサプリもありますから、ベルタプエラリアでもできるのかと思うのは当然です。

 

しかし他のバストアップサプリと併用するのはお勧めしません。

 

バストアップサプリをはじめ、サプリメントは特定の成分が濃縮されたカプセルや錠剤の製品のため、過剰摂取はできません。

 

例えば、ベルタプエラリアを飲んで、時間をずらしたタイミングで、プエラリアが含まれていないピンキープラスを飲みたいとなっても、ピンキープラスにも女性ホルモンに作用するブラックコホシュが含まれているので、結局エストロゲン過多となってしまうのです。

 

早くバストアップしたいという気持ちはわかりますが、バストアップサプリは1つに絞りましょう。

 

組み合わせまとめ

バストアップサプリを飲みながら豆乳を飲むのはあまりお勧めはしませんが、どうしても飲みたい場合はサプリの量を調節して、1日1杯に抑えることで安全に飲むことができます。
また、牛乳は良質なたんぱく質を含んでいるので、飲むことが望ましいですが、なるべく一番安いのではなくスーパーで売っているそれなりのものを選ぶようにしましょう。

 

また、出来れば牛乳よりヨーグルトのほうがおすすめです。
また、バストアップサプリとの併用はエストロゲン過多になる可能性があるので絶対にやめるようにしましょう。